ページトップ

日本気象協会

お天気カメラの映像をリアルタイムに解析、天気関連情報指数を算出・表示する「AI天気」の放送を日本で初めて実現

「AI天気」の放送を日本で初めて実現

日本気象協会とフジテレビと協力し、スペクティが開発したAI情報解析プラットフォーム「SIGNAL」をベースに、お天気カメラの映像をリアルタイムに解析し、天気関連情報指数を算出・表示する「AI天気」の放送を2019年4月に日本で初めて実現しました。

4月の放送では、通行人のコート着用率を判定するもので、外出する際の服装や持ち物を決める参考になると好評を博しました。

これを受けて、気温が変動しやすい季節の変わり目となる9月に、これまでより解析精度を大幅に高めて、街行く人々の服装を解析し天気関連指数を提供する、バージョンアップした「AI天気」の放送が決定しました。

AI情報解析プラットフォーム「SIGNAL」は、これまでスペクティが培ってきた技術を集結し、SNSやカメラのライブ映像、センサーなどの情報を、画像解析や自然言語解析、音声認識などを使って分析・配信するもので、気象や防犯・防災等あらゆる企業のデータ分析ニーズに応えるものです。