ページトップ

H2タイトル 1

リードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキストリードテキスト

ノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキスト

H2タイトル 弱

ノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキスト

タイトルテキスト
ノーマルテキストspan.text-emで囲まれたテキストノーマルテキストem.text-emで囲まれたテキストノーマルテキストstrong.text-emで囲まれたテキストノーマルテキストbタグで囲まれたテキストノーマルテキストemタグで囲まれたテキストノーマルテキストstrongタグで囲まれたテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキスト

①設備保全の質向上
 稼働データを仮想空間に反映させていることで、生産ラインを止めずに製造工程における問題点をスピーディに特定できるだけでなく、設計上のミスや使い方の誤りなどのデータも詳細に取得できるようになるため、設備の保全の質を向上させることができます。
②リードタイムの短縮
 リアルタイムに製造工程をモニタリングでき、その稼働状況や負荷といったデータを可視化することで、効率よく改善策が講じられるようになります。
③試作コスト削減
 従来は現実世界で製品の試作を行っていましたが、デジタルツインではそれを仮想空間上で行うことができるため、多大なコスト削減が実現します。また、現実の物理的な制限もなくなるため、これまでよりも大胆な試作に取り組むことが可能になります。
④アフターサービスの充実や新商品企画への活用
 出荷後の稼働状況をデジタルツインでモデリングすることで、部品の摩耗状況、製品の疲弊度や不良の発生をチェックし、適切なタイミングで修理や部品の交換といったアフターサービスを行うことができます。また、顧客の使用態様を知ることで、真のニーズを把握することができ、需要に合った新商品の企画やマーケティング戦略に活用することができます。

ulタグにclass=”list-bullet”付与

  • テキスト
  • テキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキスト
  • 「コロナウイルスは熱に弱く、26~27度のお湯を飲めば予防になる」というデマが流布し、中には「武漢在住のコロナウイルス研究者がそう主張している」という情報が添えられたパターンもあった。
  • 香川県高松市にあるスーパーは、店舗の関係者が感染したというデマがインターネット上に書き込まれた結果、系列の7店のうち6店では前年比で1割売り上げが上がったのに対して、デマを流された店舗だけは10〜15%ほど売り上げ減となった。
  • 鳥取県米子市の米子医療生活協同組合に勤務する職員が、「トイレットペーパーが品薄になる」というデマを投稿、買い占めを誘発した。
  • マレーシアでは、「新型コロナウイルスに感染すると、ゾンビのような状態になる」というデマがひろがり、保健省がそれを公式に強く否定する声明を発表した。

ulタグにclass=”list-order”付与

  • テキスト
  • テキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキスト
  • 緊張や不安といったネガティブな感情を解消させるための「カタルシスの発散」
  • 不安で落ち着かない理由を何とか見つけようとする「不安の正当化」
  • 誰かと不安を共有したいという「運命共同体の意識を形成する心理」
  • 自分だけが知っている情報を流したいという「優越感の誇示」
  • 自分が聞きかじった情報の真偽を確かめようと流言してしまう「情報の確認・交換」

ulタグにclass=”list-alpha”付与

  • テキスト
  • テキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキスト
  • アルファベットでの順番がついたリスト1
  • アルファベットでの順番がついたリスト2
  • アルファベットでの順番がついたリスト3

ulタグにclass=”list-chara”、直下のliタグにdata-list-chara=”任意の1文字”付与

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • liタグにdata-list-chara=”●”付与
  • liタグにdata-list-chara=”②”付与
  • liタグにdata-list-chara=”┣”付与
  • liタグにdata-list-chara=”(1)”付与。
    1文字分の幅に収まれば1文字以上でも大丈夫です。
  • liタグにdata-list-chara=”(123)”付与。
    1文字分の幅に収まらないと接頭文字と文章が重なってしまいます。

パネルボックス

テキストなどを<div class=”panel”></div>で囲むとボーダーで囲まれたコンテンツになります。

基本はコンテンツ幅いっぱいの配置になります。

panelの幅を縮めたい場合は”w縮小率(%)”、PCのみのときは”wpc縮小率(%)”、SPのみのときは”wsp縮小率(%)”のクラスをpanel要素に付与してください。(画像単独配置モジュールと同様です。)
10%刻みで設定できます。

PC/SPともに50%に縮小 class=”panel w50″

  • リストも<div class=”panel”></div>で囲むとボーダーで囲まれます。
  • テキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキスト

PCビューで80%に縮小 class=”panel wpc80″

①設備保全の質向上
 稼働データを仮想空間に反映させていることで、生産ラインを止めずに製造工程における問題点をスピーディに特定できるだけでなく、設計上のミスや使い方の誤りなどのデータも詳細に取得できるようになるため、設備の保全の質を向上させることができます。
②リードタイムの短縮
 リアルタイムに製造工程をモニタリングでき、その稼働状況や負荷といったデータを可視化することで、効率よく改善策が講じられるようになります。
③試作コスト削減
 従来は現実世界で製品の試作を行っていましたが、デジタルツインではそれを仮想空間上で行うことができるため、多大なコスト削減が実現します。また、現実の物理的な制限もなくなるため、これまでよりも大胆な試作に取り組むことが可能になります。
④アフターサービスの充実や新商品企画への活用
 出荷後の稼働状況をデジタルツインでモデリングすることで、部品の摩耗状況、製品の疲弊度や不良の発生をチェックし、適切なタイミングで修理や部品の交換といったアフターサービスを行うことができます。また、顧客の使用態様を知ることで、真のニーズを把握することができ、需要に合った新商品の企画やマーケティング戦略に活用することができます。

SPビューで30%に縮小 class=”panel wsp30″

テキスト

PCビューで20%、SPビューで80%に縮小 class=”panel wpc20 wsp80″

画像のキャプション

H2タイトル 2

ノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキスト

ノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキストノーマルテキスト

H3サブタイトル

画像のキャプション

H4サブタイトル

キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
テキストボールドテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト強調テキスト1テキストテキスト強調テキスト2テキストテキストテキストテキストテキスト

columnモジュール 2カラム

テキスト左 画像右

キャプションキャプションキャプションキャプション

タイトルH4タイトル

キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
テキストボールドテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト強調テキスト1テキストテキスト強調テキスト2テキストテキストテキストテキストテキスト

画像左 テキスト右

キャプションキャプションキャプションキャプション

タイトルH4タイトル

キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
テキストボールドテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト強調テキスト1テキストテキスト強調テキスト2テキストテキストテキストテキストテキスト

columnモジュール PC: 2カラム SP: 1カラム

PC: テキスト左 画像右 SP: テキスト上 画像下

SPビューで画像ブロックの上にテキストブロックのレイアウト

キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
テキストボールドテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト強調テキスト1テキストテキスト強調テキスト2テキストテキストテキストテキストテキスト

キャプションキャプションキャプションキャプション

PC: テキスト左 画像右 SP: 画像上 テキスト下

キャプションキャプションキャプションキャプション

SPビューで画像ブロックの下にテキストブロックのレイアウト

キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
テキストボールドテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト強調テキスト1テキストテキスト強調テキスト2テキストテキストテキストテキストテキスト

PC: 画像左 テキスト右 SP: テキスト上 画像下

SPビューで画像ブロックの上にテキストブロックのレイアウト

キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
テキストボールドテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト強調テキスト1テキストテキスト強調テキスト2テキストテキストテキストテキストテキスト

キャプションキャプションキャプションキャプション

PC: 画像左 テキスト右 SP: 画像上 テキスト下

キャプションキャプションキャプションキャプション

SPビューで画像ブロックの下にテキストブロックのレイアウト

キストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテ
テキストボールドテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト強調テキスト1テキストテキスト強調テキスト2テキストテキストテキストテキストテキスト

画像単独配置モジュール

基本はコンテンツ幅いっぱいの配置になります。

画像幅を縮めたい場合は”w縮小率(%)”、PCのみのときは”wpc縮小率(%)”、SPのみのときは”wsp縮小率(%)”のクラスをimage要素に付与してください。
10%刻みで設定できます。

PC/SPともに50%に縮小 class=”image w50″

PCビューで80%に縮小 class=”image wpc80″

画像のキャプション

SPビューで30%に縮小 class=”image wsp30″

PCビューで20%、SPビューで80%に縮小 class=”image wpc20 wsp80″

画像のキャプション