ページトップ

当社(株式会社Spectee、以下「Spectee」という)はニュース性のある動画・静止画につき、国内外のメディア(報道機関、出版社、ウェブメディア等)が使用許諾を得ることを代行するサービスを展開しております。

第1条(定義)

本規約において、次の用語は次のとおり定める意味を有するものとします。

(1) 「コンテンツ」とは、本規約に基づいてSpecteeに対し権利許諾される、ニュース性のある動画・静止画をいいます。

(2) 「提供者」とは、本規約に同意の上、Specteeにコンテンツを提供する個人のことです。

第2条(コンテンツの提供)

(1) 提供者はSpecteeの求めに応じ、所定の方法でコンテンツをSpecteeに対し提供するものとします。

(2) コンテンツは、提供者ご本人が自ら撮影または製作したものであることとします。

(3) 提供者が未成年(20歳未満)である場合は、保護者の了解を得て提供してください。

第3条(著作権)

提供していただいたコンテンツの著作権等の取り扱いは次のとおりとします。

(1) コンテンツの著作権は、提供者に帰属します。ただし、Specteeは、Specteeが国内外のメディアに対し、コンテンツの使用・編集・配信・派生物の作成を許諾する、期間の制限がなく、無償で、再許諾・譲渡可能な権利を有するものとします。

(2) コンテンツがメディアで公開される際、クレジット表記についてはSpecteeが決定するものとします。

第4条(提供者の個人情報の取り扱い)

Specteeは、ウェブサイト等に掲載する「プライバシーポリシー」に従い、提供者の個人情報を取り扱います。

第5条(本規約の改定)

Specteeは、本規約を任意に改定できるものとし、改定後の本規約をSpecteeの管理するウェブサイトに掲示したときにその効力が生じるものとします。この場合、提供者は、改定後の規約に従うものとします。

第6条(準拠法・合意管轄)

本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。





2019年6月3日策定